2013.05.25  土壌改良 マッドミキサー工法



戸建住宅を新築する際の 地盤調査の結果、

「現在の地盤では新築建物の安全性が確保できない」旨の解析・判定がでて

地盤改良又は補強工事をされるケースがあります。

そのため 最近では 宅地造成の際(埋め土及び擁壁工事等が伴う場合)に

ア)埋め土の際の転圧をしっかりされる または さらに進んで

イ)原地盤(畑・田等)の地耐力を事前に調査されて 地耐力不足の箇所を 

土壌改良されて地耐力を出し 次に盛り土部分の転圧も念入りにされる

と云う 良心的な事業主もでてくるようになりました。

但し、イ)のパターンは大型造成地の場合と思いますが。

これも 住宅会社の方やエンドユーザーの方にとって 新築時の 地盤補強工事が

なるべく必要にならない様にとの配慮からですが。

この様な良心的な配慮をされて 尚且つ 土地の分譲価格がそんなに高くなければ

エンドユーザーの方にとっては資金計画が立ちやすいと思います。

土地ご購入前には 地盤補強工事が必要な土地か しなくても新築建物の安全性が

確保できる土地か 事前に住宅会社&地盤の専門会社に相談された方が

より安心・経済的だと私は思います。