2015.04.13  伯母の法要

20101219_44

先日、実家の “ 角島 ” にて 伯母の17回忌法要があり、帰って来ました。

父の長兄の妻にあたる方の法要でしたが

久しぶりに 親族の顔ぶれをみますと やはり 皆様 ふけておられましたが。

只、酒 や タバコ を だいぶん前より 止めておられる方が殆どで

その面では 年の割に健康そうでした。

父の長兄の長男の方は、私の少し先輩ですが いまだに

現役の “ 漁師さん ” で バリバリでした。

こちらのご夫婦には、いつも 母がお世話になっており

大変感謝している次第です。

本来であれば 私も漁師の跡取りで漁師を継ぐはずでしたが

父の了承(しぶしぶ の)で 今の人生を歩むことができましたが

今となっては 何が良かったのか悪かったのか 判らないのが実状です。

ただ 今さら戻れませんので せめて残り少ない人生で

私が出る事を許してくれた 母へ また 支えてくれた家族・親族へ

少しでも恩返しをしなければ・・・ と 強く思っております。

今度の5月の連休は 父の17回忌法要です。

感謝の気持ちを持って準備にあたりたいと思っております。

 

2015.04.02  地盤 実際にあった ?対応

SONY DSC

業務の中で実際にあった事ですが。

約1か月位前に 新築住宅を15年前に建てられた 施主の方より

問い合わせがありました。

問い合わせ内容は、「あるメーカーにて住宅を新築したが ある一定方向へ

傾いているみたい。今の地盤状況 や 建物レベル診断 等を調べて

貰い その原因と対処の仕方を教えて欲しい」 との事です。

実際に調査をする前に お伺いしてお話を聞き 図面等を確認しましたが

施主の方が云われるには 元々他社のメーカーにて建築予定だったが

そのメーカーの事前調査で 「地形が山の斜面で傾斜地であり、地耐力も

無いため 地盤改良工事は支持層で持たせる支持杭が適切」と云われて

いたが 実際に建築した住宅会社(メーカー)が 予算的にも安価な工法で

「大丈夫ですよ! 20年の保証もついていますから」と 提案するので

「20年の保証がついておれば 大丈夫だろう」 と いう事で

そちらに建築を依頼された次第です。

ご入居されて何年かして 地盤の不同沈下(建物内の建具の締まり具合で

判られた様です)に 気づかれたのですが

建築された住宅会社は “ 建築後、発生した地震 や 周辺環境の変化による

可能性が強いため もう少し経過を見ましょう ” と云う事で 何年も

様子見状態の様です。

施主の方としては この不同沈下が今からも進み住宅が危なくなる事や

健康を害する事になる可能性が怖いため 私共へ相談されてきた由ですが。

現在の地盤状況や 建物レベルを調べた処

やはり 不同沈下がおきており 何らかの対策をしないと

今からも明白に進むと思われる地盤状況でした。

 私も ずっと 一戸建て住宅&分譲マンションに携わってきましたから

良く状況はわかりますが

15年前に 新築される際の 地盤調査~施工された地盤改良(補強)工法の

判断・選定ミスが 例えあったとしても それ自体はある面仕方が無いとして

一番問題なのは不同沈下が発生したことが判ってからの

住宅会社(建てられたメーカー)の対応ではないでしょうか。

保証の免責事項に該当するか否かも 明確に調べず また適切な対応もせず

実質何年も放置状態というのは如何と思います。

建物や健康が害する恐れは 決してあってはいけない事ではないでしょうか。

テレビ等にて宣伝されるよりも この様な評判による “ 悪い噂 ” の方が

本当に怖いものですが。

住宅会社にとって 一番必要なのは

 “ 真摯な対応に基づく信頼と評判の構築 ”  の筈です。

皆様の参考になればと思い 実例にて検証してみました。