2014.02.01  角島~豊北高校・・・

5473266A36274DF2961E2EBBE1DE31FB_L

60歳の今、想い返しますと

父親を無理やり説得して 漁師の長男でありながら 山口県立豊北高校へ進むことができたのが

人生の大きな転換期でした。良い悪いは別としてですが。

どうしても 漁師と農業の兼業に従事することに 納得がいかなくて 養子の父の期待を裏切り

説得を続けて了承を得ました。  「すべったら漁師と云う約束」 のもとに。

その頃の私は自意識が強く 又、自信過剰な面も強くありましたが 豊北高校に入り 各地区の

優秀な同級生に触れると 見事に自信を砕かれた覚えがあります。

私は 努力して勉強・知識をみにつけるタイプでしたが 天才肌がごろごろいました。

ただその同級生と接して 自分の限界も知りましたが ワクワクしたものでした。

「井の中の蛙」

と云う言葉もその頃意味がわかりました。そして 大学・社会人となり ますます「井の中の蛙」 

思い知りました。そのたびに 「世の中は広いな・・・」 と感じたものです。

今の会社の社員は まだ若いです。 早く 「井の中の蛙」 を認識させ そして

地元と世界とを同時に視野に入れることができる 社会人に成長させることが

私の使命と強く思っております。

ご期待ください。