2014.01.25  これからの 「地盤 セカンドオピニオン」

201308~1

最近 一戸建て住宅建築計画の際に 他社で地盤調査をされて 地盤解析結果「直接基礎」に

なっている物件の 再解析(再判定)依頼が増えています。「直接基礎」判定とは 計画されています

「ベタ基礎 or 布基礎」にて新築建物の安全性は確保されると思われる(つまり 直接基礎にて

保証を受け付け致します との由ですが) と云う 解析(判定)です。

この「直接基礎」判定が出ているケースにて 施主(エンドユーザー)又は住宅会社(工務店)にて

「本当に直接基礎にて 安全なの?」ということで 最初の調査・解析をされた会社とは 別の会社にて

セカンドオピニオンをされるケースが増えています。

弊社も セカンドオピニオンを承り 現地踏査の上 再解析(再判定)をしておりますが

ア)当初の判定どおり 直接基礎にて 新築建物の安全性は確保される と判断するケース

イ)造成前の原地盤の傾斜と今般の盛り土を考えると 何らかの 「地盤改良(補強)工事をしないと

  新築建物の安全性の確保ができないと思われる と判断するケース

と 再解析(再判定)結果は 様々な ケースが見受けられます。

これは 最近つくづく感じている事ですが ①調査員の経験不足 ②解析担当者の業務量の多さ(時間をか

けて地形・周辺データー等を確認する いとまが無いのでは?)

が主な原因ではと 私は思っていますが・・・。

住宅会社&分譲マンションに長く携わった 私からしますと 施主(エンドユーザー)の方も

住宅会社(工務店)の方も 過剰な地盤改良(補強)工事は避けたい!

 只、「安全・安心・健康」 は確保したい!

が本音だと思っております。

そういう事に真剣に取り組んでいる 施主(エンドユーザー)の方 住宅会社(工務店)の方

がより 色々なパターンにて 地盤のセカンドオピニオン を利用されているのが

実状です。全国的にも この様なケースが増えている様ですし たぶん 地盤 セカンドオピニオン

は より精度を高める必要があるため 組織化されてくると 私は思っています。

せめて 地元位はすみやかに対応して 施主の方や住宅会社(工務店)の方にとって

役立つ会社でありたいと 今改めて意を強くしている 小林です。

 

2014.01.25  【サーバー移転・ドメイン移管のお知らせ】

 2014/01/23(木)より

サーバー移転・ドメイン移管に伴い

変更前のURLにアクセスされた場合

自動的に転送されない可能性があります。

今後は新しいドメインでのURLが正規のものとなります。

「お気に入り」「ブックマーク」等にご登録いただいているお客様は

誠に恐れ入りますが新しいドメインでのURLを 再登録していただけますようお願いいたします。

 

2014.01.22  妻の誕生日です・・・



本日は 妻 の誕生日です。

大学2回生の時に出会い 本日までずっと一緒でした。

その間 私が夢を追い続けるせいで 随分迷惑と苦労をかけ続けてきました。

深く反省するこの頃ですが。

今は早く 59歳にて立ち上げたこの会社を軌道に乗せ、世の中に確立させて

ひいては 妻の望む 安定した生活ができる様に 私自身の健康に留意して

頑張るしか 恩返しは無いと思っています。

今年こそは 妻が正月の過ごし方にて望んでいる

“ホテルか旅館での寝正月” を実現できる様に頑張ります。

添付の写真は 妻が “角島” にて散歩の際に好きな光景です。

頑張るぞ!

2014.01.18  むつかしいな・・・



私が 分譲マンションの会社を早期退職し しばらくの充電期間をえて

今の “地盤調査・地盤改良(補強)工事”に携わり 約5年が経過しております。

前職の会社では 地盤改良工事の工法として “砕石パイル工法” しか

取扱いができませんでした。“砕石パイル工法” 自体は 東日本大震災及び液状化

にても被害が他の工法に比べて少なかったと立証されました様に 

非常に優れた地盤改良工法だと 今でも思っております。

只、一戸建て新築住宅及び分譲マンションに長く携わってきた 私としては

“砕石パイル工法”のみでは 擁壁構築に伴う新規盛り土の転圧不足に起因する

地盤改良工事の計画の際に限界があるとも感じております。

造成完了後、直近にて新築住宅を計画をされる場合

新規盛り土の荷重と新築建物の荷重を考慮しますと圧密沈下が想定され やはり

何らかの支持層にて支えて 新築建物の安全性を確保する必要性があります。

その場合 「鋼管杭工法」・「環境パイル工法」・「セメント柱状改良工法」等が

検討されると思われます。

私は このケースにて その建設現場の土質・腐植土の可能性の有無・

地下水の有無・搬入経路等を考慮しまして

その都度適していると思われる工法を提案させて頂いております。

只、残念なことに 以前にも述べましたが 他社が調査された調査報告書の

調査データー等に若干頭を傾げるケースが最近多くなっております。

地形とかと 調査データーの整合性がとれておらず 必要支持力の層が明確に読めない

場合があります。その場合安全性を考慮しまして 長い杭長の設定となり

予算が膨らむケースとなっております。

これは 住宅を計画される施主(エンドユーザー)の方にも 又 住宅会社(工務店)

の方にも不幸なことと思っております。

只、今の弊社の規模が小さく 私の目が行き届くからそう云えるのですが。

やはり何の業種(仕事)でも 社員の人数が多くなると 難しくなるのが

現実だと思います。

それを乗り越えてこそ 長く世の中に必要とされる企業になるのですが・・・。

2014.01.13  テレビ朝日に学ぶ



先日、2013年の年間視聴率にて テレビ朝日が2冠を獲得したと 聞きました。

ゴールデン帯、プライム帯の様です。全日帯は日本テレビが獲得した様ですが。

私自身、以前よりあまりテレビは見ませんが

個人的に以前のテレビ朝日の印象と云えば

・相棒 ・報道ステーション位でしたが  

“いきなり!黄金伝説”

“お試しかっ!”  “痛快!ビッグダディ”等は 

放映開始位から好んで見ておりました。

たぶん その頃の視聴率争いは フジテレビ・日本テレビの時代だったと思います。

その当時の 番組開始をみながら 少ない予算で(たぶん その頃は余り大スターで

ない方を配役しながら でしたので)面白い切り口でされたな と感じたものでした。

それから何年か経ち この様な結果になったと 私は思っています。

やはり 会社経営&事業構築 は 切り口と予算配分 だとつくづく感じております。

私共みたいな 創業間際で小さい会社が生き残り 安定して成長するためには

同じ様な目線にて考え、実践を! と今まで以上に想った次第です。