2013.07.31  私のやすらぎ-2



先日 私の休日の過ごし方で 岩盤浴

楽しんでいる事を書きましたが 私のやすらぎ-2は 

その後の 下関ホルモンセンター様にて

ホルモンやミノ等を購入しての 自宅での食事です。

当然 “ビール&焼酎”がお供です。

基本的に夏場は 鉄板で その他のシーズンは 鍋です。

この生活パターンが約20年続いております。

自分ながら 癒しのかがみと信じています。

只、最近は健康を少し考慮しまして(妻がうるさい ためですが) 

数量は300g~400gと少し少な目にしておりますが。

食事のあと 昼寝をしまして 後は 八重の桜~半沢直樹 と続きまして

休日の充電の終了です。

翌日より また3:00起床にて 業務スタートの1週間を

乗り切っております。

つくづく 年寄くささ と 若さ が混在している 今だなと 感じている

この頃です。

2013.07.26  最近の地盤調査結果 動向



以前にも記載しましたが 一戸建て住宅を新築される際の 地盤調査結果

(解析&判定)基準の変更が ものすごく速いペースにて地域に浸透して

いるのを感じます。昨年まで多く見られた 「過剰な地盤改良工事」

が確かに少なくなりました。これも 地盤のセカンドオピニオンを取り入れられた

J社の影響だと その先駆者たる方に(良い 悪いは別として)敬意を感じて

おります。一戸建て住宅を建築されるエンドユーザーの方は どちらの住宅会社・

工務店にされるか 色々な評判を聞いたり その会社のHPを日々見られて

ご検討されて 一番自分のイメージに合い又信頼のおける 住宅会社・工務店を

選択されると思います。

その次の段階であります 地盤調査及びその結果(解析や判定)も 1社に限定する

必要は全く無いと 随分以前より思っております。

適正な&公平な 調査結果を得るためにも 最低2社位の 解析を依頼された方が

より賢明だと思いますし その調査結果が “地盤補強(改良)工事をしないと

新築建物の安全性は確保できないと思われる”となった場合も

最低2工法位の 地盤補強(改良)工法にて 設計&見積もり依頼を

された方が 比較検討する上でも 賢明だと 私は思います。

確かに安全・安心はすべてを上回る要件ですが まだ少しですが

市場に残っている 1方向での 地盤調査・結果・地盤改良工法の選定 の理論は

徐々になくして エンドユーザーの方&住宅会社・工務店の方々のために

汗をかく 地盤調査&地盤補強(改良)業者をより広めていけたら

この 地盤の業界 も数段進歩し ひいては 

今以上に皆様に役立つようになると思いますので。

2013.07.23  セブン-イレブン・ジャパンに学ぶ



私が社会人になって 数年後に セブン-イレブンの店舗が近くの街角に

オープンしました。近くのそのお店は、当初は多分24時間営業では無くて

深夜までだったと思います。その内に セブン-イレブンがうたっている24時間型と

なりその時より “こういうユーザーに「便利な存在」は今から流行るだろうな”と

感じていました。

それから約30年経ちますが 色々なサービスの提供、新商品の開発 等

常に 時代の変化に柔軟に対応された「便利の創造」に努められて

現在に至っておられます。まさに 企業ポリシーにかかげられておられる事の

実践の日々だといつも感銘しております。

創業5か月の会社がおこがましいですが 少なくとも「地盤の分野」では

セブン-イレブン・ジャパン様に劣らない企業風土を築き又、時代の変化に

柔軟に対応し 価値ある商品やサービスの提供を通じて 

地域との信頼関係を構築できる様に努める決意です。

お笑いながらご期待ください。

2013.07.20  ご無沙汰しております



大変ご無沙汰をしております。

1か月、1週間、翌日の行動予定&約束(アポ)は計画をたてているのですが

最近嬉しいことに 予定外の業務依頼がますます増えてきております。

それも 私と面識の無い方や 私が一度もお伺いしていない方よりの

業務依頼が増えてきております。 地盤調査のご依頼&他社で地盤調査されて

地盤改良判定がでた新築現場の再解析依頼&地盤改良工法の選択、見積もり依頼

&土地をご購入される前に総予算計画を立てるための 事前現地踏査確認のご依頼

等 ・・・です。

会社を創業する際のポリシーであります“より速く より公平に”

を実践するために まさに 福岡市・北九州市・山口市・長門市・・・と

走り回っております。

今後も 住宅会社・工務店の方&エンドユーザーとより広く結びつくためにも

戸建新築住宅を計画される際の 地盤と住宅 に関しまして より役に立つ

提案をし続けたいと思っております。

まだ 地盤の窓口 をご存じ無い方や住宅会社・工務店の方々に

早くお会いできたらと思っております。

きっとお役にたつと思いますので・・・。

2013.07.05  角島に想う



私は 現在の山口県下関市豊北町角島(合併前は 山口県豊浦郡豊北町角島)

で高校まで育ちました。その後大学より 山口県下関市に居住及び下関市を

拠点とした仕事に携わっております。角島を出て42年経ちました。

その間 祖父、父が他界して 今は母のみ1人で角島に住んでおります。

今まで元気な 母でしたが 近い内に“目の手術”をする事となりました。

手術自体は 年配になるとよくある手術みたいですが・・・。

私の夢が大きすぎるのか 父・母には心配ばかりかけてきましたので

早く今の仕事を確立させ(私が角島に帰っても業務が遂行できる体制にして)

母に恩返しをと この頃強く思っております。

そのためには 随時世の中のエンドユーザーの方々に必要とされる会社で

ないといけないため 常に技術革新をする会社を構築し そのポリシーが

脈々とひき続けられる組織にしたいと決意しております。

ご期待ください。