2013.11.19  創業 9か月



ご無沙汰しております。やっと一段落したと云うか 少し時間が空きましたので

ブログ更新です。“一戸建て住宅に携わりまして20年” ・ “分譲マンションに

携わりまして10年” ・“地盤調査&地盤改良に携わりまして5年”

その社会人としての経験を集大成すべく 「地盤の窓口株式会社」

を設立・創業しまして9か月、日々の過ぎるスピードがものすごく早く感じます。

私も “より速くより適切に” をモットーにしておりますが 世の中は

まだ速く動いているのではと 最近つくづく感じております。

約30年前の 住宅会社の時代、まだ ワープロの世界でした。私が手書きで

作成した提案書を女子事務員が ワープロにて清書しまして お客様に

持参したものでした。その流れでも結構粗利益が確保できましたので

住宅会社の運営も比較的順調にいったものでした。

今考えると 高度成長期からバブルへと続き ある意味で やりやすい時代だった

と云えると思います。

今現在は 事務員を雇用する経費をかけられませんですし 又、その必要性も

今のところ余り感じませんので 自分でパソコンを操作して業務をこなして

おりますが・・・。

以前の私をご存じの方がこの様子を見られると “小林がパソコン!”

とびっくりされるのでは と思いますが。

やはり今の世界 世界市場にて仕事に従事していますので スピードが

速くなることは いかしかたない事だと感じておりますが。

只、その中でも やはり“地元・地域密着”と云う観点は 胆に命じておる

つもりです。又、その観点を後に続く社員にも植えつけなければと

強く意識しております。

会社を創業してまだ よちよち歩きですが

”世界を相手に 尚かつ、地元密着・地域貢献

を”
 のポリシー&実際の業務の確立を目指します。

ご期待ください。