2013.03.27  私の思い-起源4



前職で地盤改良&地盤調査業務に従事し始めた時に 色々学習しますと 

「これからの地盤調査による地盤改良工事の判定割合いは、全国平均で約20%位。

これは 

ア)間違いなく地盤改良工事をしないと新築建物の安全性が確保できない割合
 -20%(俗に云うブラックのケース)

イ)問題なく新築建物の安全性が確保できる場合
 -20%(俗に云う ホワイトのケース)

ウ)ア)に近い ブラックのグレーゾーンが約30%

エ)イ)に近い ホワイトのグレーゾーンが約30% との想定によるものからでした。

実際に前職で調査しますと 調査後の地盤改良工事必要の判定は約10%位でした。

これは私の経験が積み重なり 私と地盤保証会社:ハウスワランティが解析を

進めていく上で  ”過剰な地盤改良工事の判定”をなるべく少なくする様に

していったからだと思います。

只、当初は 他社で地盤調査をされて砕石パイル:HySPEED工法による

地盤改良工事の見積もりが来た場合は それを否定しませんでしたが。

また後日にその思いを詳しく・・・。