2013.04.04  環境パイル-2




「環境パイル工法」の続きですが。

地盤補強工法の一つとして そうとう以前より「木杭」の実績はありました。

ある面、補強効果があるとも云われ 

又、ある面「耐久性」「防腐・防蟻の効果期間」等において

疑問視される傾向もありました。

私も色々勉強しましたが 下記の「環境パイル工法協会の内容」

で集約されるのかな・・・と今は思っています。

「環境パイル工法」はその「耐久性」等について 野外試験場にて15年以上に渡り

暴露状態で 試験体の腐朽状況等を確認されています。

その上で 「環境パイル工法」に用いる部材は、JAS認定

もしくはAQ認証している工場にて加圧注入木材保存処理を施してあります。

処理が施された部材はJASが規定する保存処理性能区分で

K4(極めて高度の耐久性が要求される用途向けの性能)

の防腐・防蟻を実現しました。http://www.knn.co.jp/whm/work_p/p01.html

また、「環境パイル工法」は建築技術性能証明書を 

2012年2月29日に取得されていますので

より安心と思われます。http://k-pile.net/kankyo-pile-method/index.html

「環境パイル工法」について新しく進展がありましたら

その都度ご報告したいと思います。