2013.07.26  最近の地盤調査結果 動向



以前にも記載しましたが 一戸建て住宅を新築される際の 地盤調査結果

(解析&判定)基準の変更が ものすごく速いペースにて地域に浸透して

いるのを感じます。昨年まで多く見られた 「過剰な地盤改良工事」

が確かに少なくなりました。これも 地盤のセカンドオピニオンを取り入れられた

J社の影響だと その先駆者たる方に(良い 悪いは別として)敬意を感じて

おります。一戸建て住宅を建築されるエンドユーザーの方は どちらの住宅会社・

工務店にされるか 色々な評判を聞いたり その会社のHPを日々見られて

ご検討されて 一番自分のイメージに合い又信頼のおける 住宅会社・工務店を

選択されると思います。

その次の段階であります 地盤調査及びその結果(解析や判定)も 1社に限定する

必要は全く無いと 随分以前より思っております。

適正な&公平な 調査結果を得るためにも 最低2社位の 解析を依頼された方が

より賢明だと思いますし その調査結果が “地盤補強(改良)工事をしないと

新築建物の安全性は確保できないと思われる”となった場合も

最低2工法位の 地盤補強(改良)工法にて 設計&見積もり依頼を

された方が 比較検討する上でも 賢明だと 私は思います。

確かに安全・安心はすべてを上回る要件ですが まだ少しですが

市場に残っている 1方向での 地盤調査・結果・地盤改良工法の選定 の理論は

徐々になくして エンドユーザーの方&住宅会社・工務店の方々のために

汗をかく 地盤調査&地盤補強(改良)業者をより広めていけたら

この 地盤の業界 も数段進歩し ひいては 

今以上に皆様に役立つようになると思いますので。