2014.12.15  必要! 地域密着

tuno08

私の従事しています業務の中の一つに 新築住宅を計画される際の

地盤調査業務があります。住宅会社~分譲マンション業界に30年 そして

この地盤業界に従事して 6年となりますが 解析(判定)の基準も 時々変更と

なる場合があります。これは 直近に生じた “ 不同沈下 ” という事故例を

考察したケース や 反対に 事故に繋がらなかったケース を加味しての

補正だと思います。只、この解析(判定)基準の大前提は

本来の 正確な地盤調査業務の筈です。

本来の地盤調査と 本来の現地踏査 それらに基づく 地盤調査報告書で無いと

適切な 解析(判定)は難しくなります。

適切な解析(判定)とは

・いたずらに 過剰な地盤改良判定(改良工事が必要) を出す事でもなく

・根拠も無く 直接基礎判定(ベタ基礎・布基礎等) を出す事でもなく

新築建物の安全性を確保するのに 直接基礎にて 何らかの懸念が無いのか?

何らかの懸念があるとして どうすれば その懸念に対処ができるのか?

 【 ※一概に地盤改良(補強)工事では 無くて 】

ではないかと 私は思っております。

以前から何回も述べている事ですが 本来の正確な地盤調査業務

適切な解析(判定) から 適切な基礎工事の助言・提案ができる筈ですし

施主の方も 住宅会社(工務店)の方も 本来それを求められていると

私は思っております。

追い求めます ―地域に密着した 地盤調査会社― 。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ