2014.11.25  適正な地盤調査!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一戸建て住宅の新築計画をされる際に 地盤調査が必要となっております。

これは、建設地の地盤が 計画されています直接基礎(ベタ基礎・布基礎等)にて

新築建物の安全性の確保ができるか 又は 何らかの 地盤改良(補強)工事 を

施さないと 将来的に “ 沈下 ” と云う危険性があるか否か 判断するための

地盤調査です。この調査報告書・地図・図面(建物バランスを含む)・様々な資料に

基づき 地盤調査会社・地盤保証会社・建築士の方の順序にて判断していきます。

時々 この地盤調査会社及び地盤保証会社の判断(解析・判定)と 建築士の方の

判断に相違がある場合 他の調査(保証)会社にも 判断(解析・判定)を依頼される

場合があり 弊社も依頼を受ける場合があります。

その中で ずっと思っているのですが ある特定の数社の地盤調査会社の

調査報告書の 調査不足やずさんさ(進歩の跡が無い)には 呆れております。

具体的には支障がありますので 差し控えしますが。

地盤調査の結果、適切な判断(解析・判定)ができる様に もう少し本来の

地盤調査及び報告書のあり方に努めるべきと 私は思います。

大手の 地盤保証(補償)会社では 他の資料も参考にされますが

概ね その調査報告書に基づき 判断(解析・判定)をされている由ですから。

  “ 適切な現地踏査~適切な地盤調査~

    適切な地盤調査報告書~適切な判断(判定・解析) ”

は連動する筈ですし ひいては 施主の方・住宅会社(工務店)の方の安心へと

そして 私共の 地盤業界の信用につながる筈ですから。

お互いに切磋琢磨して 業界の信用を 今以上に築くようにしたいと強く思っている

今の私です。