2014.08.21  続ける 真摯な姿勢 大事

35010476_3461_1

この度の 広島の大災害の映像を見ていますと 心が痛くなります。

社会人として ずっと 一戸建て住宅・分譲マンション・地盤に携わってきました

私には 本当につらい映像です。

改めて 自然の怖さ と 自然を守る大切さ を 感じております。

また 改めて 今取り組んでおります 地盤 に関する業務と 住宅との密な関係性の

大事さを 感じております。

私共の主な業務は 地盤調査及び地盤改良(補強)の必要性の判断ですが

この判断の要素には ①地耐力 ②地形 ③造成経過年数 ④地下水 ⑤土質

⑥擁壁 ・・・等 様々なものがあります。

当然 過剰な地盤改良(補強)判定 は避けるべきですが 地耐力だけでは無く

様々な要素をチェックしての ご提案としております。

確かに手間がかかる業務内容・書式ですが やはり

住宅と地盤 は 安全・安心・健康 が一番求められている と思いますから。

今後も 真摯に向き合う姿勢を続けていきたいと 思いますし

それが大事だと 肝に命じております。